英語プレゼンのやり方が勉強できるYouTube動画7選

プレゼンテーションをする女性の画像 役立つサイト・アプリ

社会人ならば仕事上で、大学生ならば授業等で、英語でのプレゼンテーションを行う機会もあるかと思います。

プレゼンは、日本語ですら難しいというのに、英語ならばなおさらです。しかし、ご安心ください。YouTubeには数多くのプレゼンのやり方を学べる動画があります。

なんだかYouTubeの回し者みたいですが、今日は私が英語でのプレゼンを学ぶのに特に役立った動画を紹介します。そしてTOEIC900点レベルの私が独断と偏見で、各動画のレビューや感想、特に勉強になったポイントをまとめましたので、視聴の参考にしてください。

ちなみに、動画は設定で英語字幕を出すこともできます。「何言ってるか分からん」という方は、字幕を出して目で追うと少し理解しやすくなります。また、字幕を活用してシャドーイングをするのも、スピーキングとリスニングの練習になって一石二鳥ですよ!

基礎・基本を知る

英語プレゼンのやり方 Learn English with Rebecca [engVid]

  • 話すスピード:普通(非ネイティブ向け)
  • 理解しやすさ:分かりやすい
  • ひとくちメモ:初心者は絶対見るべき

英語でのプレゼンの基本的な考え方やテクニックが解説されています。英語学習者向けの内容なので理解しやすく、「なるほど」と納得できる項目が多いです。

まずはこの動画を見れば、私たち非ネイティブスピーカーが英語でプレゼンをする時、どんなことに注意すれば良いのか、その基礎となる考えは身に付くと思います。

簡単な言葉を使う

言いたいことを日本語から英語に翻訳すると、難しい単語や馴染みのないフレーズを選んでしまいがちです。しかし、この動画では、できるだけ簡単な言葉を使うのがコツだと述べています。

確かに、難しい単語は発音も難しくなりますし、また聞き手も、知らない単語は理解できません。プレゼンは伝わってナンボですから、あえて簡単な言葉に言い換えるのが良いでしょう。

ゆっくり話す

「簡単な言葉を使う」にも共通しますが、あくまで聞き手の立場になって考えるのが重要のようです。

聞き手がネイティブスピーカーであれば、早口でも分かるかもしれませんが、日本人やあまり英語が得意でない人であれば、早口だったり、難しい言葉を使うと理解できません。

受動態でなく能動態で表現する

能動態の文章の方が、受動態よりも理解しやすいと述べられています。動画では、それぞれ例文によって比較しています。

受動態の文章は、若干回りくどい印象です。同様に「名詞よりも動詞を使った文章の方が理解しやすい」とも述べられています。

他にも全16ポイントが説明されており、とても参考になりました。絶対に見るべき動画と言っても良いでしょう。

プレゼンの構成と流れ

英語プレゼン方法 & 基本フレーズ Learn English with EnglishClass101.com

  • 話すスピード:普通(非ネイティブ向け)
  • 理解しやすさ:ライブ放送のため、少し慌ただしい。
  • ひとくちメモ:40分間と長い動画

プレゼンテーションの構成(イントロダクション、ボディ、コンクルージョン)について説明があり、また、各構成で使えるフレーズ、つなぎ言葉の解説があります。

元々はライブストリーミング動画なので、若干長いです。この動画を見れば、プレゼンの進行方法や各場面で使用する決まり文句を学習できます。

24時間ライブ配信の動画もある

ちなみに、この配信者は英語学習用のストリーミング動画も公開しています。また他にも、YouTubeには数多くのライブ配信の英語ニュースチャンネルがあり、長時間の英語リスニング教材として活用できます。

無料で英語リスニング練習!YouTubeライブ配信のおすすめ8選

2018.03.31

実践的なフレーズを学習

上手いプレゼン コツとキーフレーズ Learn English with Benjamin [engVid]

  • 話すスピード:普通(非ネイティブ向け)
  • 理解しやすさ:少し難しいかな
  • ひとくちメモ:頻出フレーズが学べる

スティーヴ・ブシェミを感じさせるBenjamin先生が、プレゼンで特に使えるキーフレーズを小芝居を交えながら紹介してくれます。この動画で紹介しているフレーズは、どれも実践的で、プレゼン初心者の私も早速使ってみたいと思いました。

キーフレーズの一部を抜粋

  • 「Begin with/by~」~から始める
  • 「Move on to~」~に進む、移る
  • 「Refer to~」~を参照する
  • 「To conclude」結論として、終わりに

コツやテクニックを学ぶ

5つの基本的な演説のコツ Toastmasters

  • 話すスピード:速い(ネイティブ向け)
  • 理解しやすさ:ちょっと難しいかも
  • ひとくちメモ:まばたきは2回まで

コメント欄に「彼はまばたきを一切しないぜ」と書いてあり、確かにそれが気になりだすと、内容が頭に入ってきません(笑)。…とにかく、ハンサムガイが人前で話す時のコツを教えてくれる動画です。

この動画は、ネイティブスピーカー向けなので、話すスピードが少し速いので注意が必要です。

話すテーマを良く知る

プレゼン技術うんぬんの前に、自分が話す題材について良く知っていなければ、良いスピーチはできない。まずはテーマについて良く調べ、マスターしておきましょう。知ることは緊張の緩和にもつながると述べています。

聞き手のニーズに合わせて話す

オーディエンスが違えば、期待する内容やテーマに対する理解度も異なる。観客を知り、それぞれのニーズに合った話をすることが大切。また、スムーズに進行できるように、プレゼンする場所や、使用機材についても下調べしておく。

ミスをしても謝るな

プレゼンの途中に小さなミスはよくある。その都度謝っていると、観客の意識があなたのプレゼンの「失敗や悪いところ」に向いてしまう。ミスは無視して、最後まで自信を持って進めるべし。

伝えたいことだけに集中し、自信を持って話す

不安なことや、結果についてあれこれ思いを巡らせるのではなく、「自分が伝えたいこと」だけに集中する。この心がけが重要とのこと。

スゴいプレゼン-7つのスキル&印象付けのコツ Practical Psychology

  • 話すスピード:速い(ネイティブ向け)
  • 理解しやすさ:ちょっと難しいかも
  • ひとくちメモ:BGMがクセになる

「自己啓発・ビジネス本」的な内容をイラストで紹介している配信者です。どの動画も、要点だけをテンポよく説明してくれるので、私のお気に入りチャンネルの一つです。個人的には、このチャンネルのBGMがクセになる味です(なんのこっちゃ)

この動画では、プレゼンをより印象的にするためのテクニックが説明されています。

視覚資料を活用する

グラフや表を効果的に使うと、観客が内容を理解しやすくなります。逆に言うと、言葉だけのプレゼンは記憶に残りにくいとも言えます。まさに「百聞は一見にしかず」です。視覚資料も理解しやすいように工夫が必要ですね。

「繰り返し」を効果的に使う

伝えたいことやキーポイントを、簡潔におさらいすることは、観客の記憶保持と印象付けに役立ちます。動画ではプレゼンの構成中に、具体的にどこで「繰り返し」を活用するかが説明されています。

ストーリー・体験談を話す

平凡なプレゼンと素晴らしいプレゼンの違いは、物語性の有無で決まる。単なる情報の羅列では無く、具体的な物語や体験談の方が親近感が湧き、観客の興味も高まる。でも、作り話や嘘はついちゃダメ。信用を無くします。

観客に親しみやすいキャラで

観客が共感を得られるような人物であることが重要です。たとえあなたが権威ある専門家だとしても、上から目線で話してはいけません。ただし、フレンドリーになり過ぎて、権威や信頼性が失われないようバランスを取る必要があります。

練習を重ねて改良する

最初から上手にプレゼンできる人はいません。話し方やスムーズな進行を何度も練習し、改善を繰り返すことが大事です。また、一人で練習するだけでなく、友人に協力してもらい、フィードバックを得ることが望ましいと述べられています。

緊張や不安への対処法

スピーチで緊張しない方法 Refusing to Settle

  • 話すスピード:速い(ネイティブ向け)
  • 理解しやすさ:少し難しいかも
  • ひとくちメモ:ちょっと老けてきた(配信者が)

ビジネスに役立つ知識をアップロードしているチャンネルです。この動画は、配信者自身が数百人の観客を前に講演したり、動画を数多く作った経験を元に、緊張や不安をなるべく減らすコツを説明しています。この動画も若干早口ですね。

下の抜粋を見てもらえば分かりますが「それ精神論じゃね?」的な話もあります。しかし役立つ部分も多いので、可能な範囲で参考にしましょう。

大人数でなく「一人」に話すつもりで

大人数に話すと思うから緊張する。まずは一人に伝えることを意識するのが大事とのこと。まあ、分かってはいても難しいところではあります。

構成はシンプルに(話題は3~7つまで)

話題を詰め込み過ぎると、構成がまとまらなくなる。聞き手も理解しにくい。トピックは3つから多くても7つまでにまとめる。確かにいろいろ話そうとすると、難易度が上がるので余計に緊張しますね。

成功するイメージを持つ

失敗することばかりを考えるのではなく、楽しむこと、成功しているイメージにフォーカスするのが大事。ポジティブなイメージを持つことが自信につながる。

スピーキングの不安 6つの対処法 Learn English with Emma [engVid]

  • 話すスピード:普通(非ネイティブ向け)
  • 理解しやすさ:分かりやすい
  • ひとくちメモ:先生も緊張してそう

Emma先生は、自身の第2外国語となるフランス語を学んだ経験から、不安に対処する6つの方法を説明しています。先生曰く、「プレゼンに慣れている人でも緊張する、大事なのは対処法を知っていること」

この動画は、英語学習者向けの動画なので、ゆっくり話してくれてリスニングしやすいです。字幕に合わせてのシャドーイングにも活用できます。

本番前に「深呼吸・歩く」

プレゼン前に深呼吸をしたり、少し歩いてみると、緊張によるパニックを防ぐことができる。とても簡単な事だけれど、実際にどれだけの人が実践できているか。リラックスするためにルーティーン化するのが大事なようです。

頻出フレーズ・表現を特訓する

プレゼンで使用する表現やフレーズは、何度も練習して自然と口から出てくるようにしておく。習得できていれば、緊張している状況でも、頭を使わずに出てくるようになる。

完璧を目指さない

ネイティブスピーカーのプレゼンと、自分を比較して自信を無くしてしまう生徒が多い。しかし、ネイティブでも文法などの細かな間違いは多いそうです。だから間違いを気にして消極的になってはいけない。

テンプレート(形式・様式)を活用

スピーキングのテンプレートを利用することで、スムーズな進行が可能になり、落ち着いてプレゼンできる。動画ではTOEFLやIELTSで使われるテンプレを例に用いて、具体的な話の組み立て方が説明されています。

おわりに

今日は英語プレゼンレーションのやり方が学べるYouTube動画を紹介しました。私も英語のプレゼンは超初心者ですが、これから勉強して上手くなりたいと思っています。

今回の記事が皆さんの役に立てばうれしいです。