「スコアが上がるTOEIC L&Rテスト本番模試600問」のレビュー

スコアが上がるTOEIC本番模試600問の表紙画像 TOEIC

旺文社から発売されている「スコアが上がるTOEIC L&Rテスト本番模試600問(改訂版)新形式問題対応」を解きました。本書の特徴や、模試の難易度をレビューします。

参考:私のTOEICスコア

私は2017年7月に公開テストで910点を取得、2018年7月のIPテストでは865点という結果でした。大体900点ぐらいの実力だとみなしてもらえればと思います。

TOEIC910点の公式認定証の画像

「スコアが上がるTOEIC L&Rテスト本番模試600問」の特徴

この本は、ただ単に模試3回分が収録されているだけでなく、学習に役立つコンテンツが複数収録されています。簡単にコンテンツを紹介していきます。

問題冊子とCD3枚

TOEIC公式問題集や本番とよく似た問題です。CDの音声も公式問題集と同じようなクオリティです。

難易度に関しては後述しますが、若干難しめです。

詳細な解答・解説&重要語句

「解答・解説」編はTOEIC公式問題集と同じような作りです。

問題文や選択肢の日本語訳や、正解・不正解の詳しい解説、本文に登場する重要語句が記載されています。レイアウトも不便な点は特に無く、答え合わせもストレスなくできます。

模試徹底活用法

模試を解く上での準備や心掛けが記載されています。また学習スケジュールの立て方も解説されています。

高得点取得者の模試活用法

濵﨑潤之輔(HUMMER)さん、Rabbitさん、矢島晶さんという3名のTOEIC990点取得者の模試を使った学習法が、インタビュー形式で紹介されています。

自分よりも点数が高い人の勉強法や本の使い方を知ることは、スコアアップやモチベーションアップに役立つと感じました。

特別冊子「ニガテ克服BOOK」

スコアが上がるTOEIC本番模試600問 ニガテ克服BOOKの画像

自分の苦手分野を分析できます。

パート別に苦手分野を発見・分析できる「ニガテ克服BOOK」なるものが付属しています。

模試のセットを解いた後に、不正解だった問題をチェックしていくことで、自分の苦手分野が分かります。また、苦手分野を克服するための攻略法やコツも記載されています。

上述したTOEIC高得点取得者3名(HUMMERさん、Rabbitさん、矢島晶さん)の苦手克服法も載っています。

私の点数・難易度の検証

以下は実際に私が3回分の模試を解いた結果です。スコア換算の点数は、本書に記載されている「予想スコア換算表」に沿って算出したものです。

模試 第1回

素点 スコア換算
Listening 80 445
Reading 84 450
TOTAL 164 895

模試 第2回

素点 スコア換算
Listening 83 445
Reading 83 435
TOTAL 166 880

模試 第3回

素点 スコア換算
Listening 84 450
Reading 87 445
TOTAL 171 895

解いた感想

全3回の模試を受けた結果、予想スコアは全て900点近くということで、本番の結果とほぼ同じ点数となりました。

以下に、具体的な感想を記載しておきます。

リスニングセクションPart3・4の難易度が高い

Part1・2は公式問題集と同じような難易度だと感じましたが、Part3・4は明らかに難しいです。

会話の内容に、日付や数字などの細かい情報が入っていて、選択肢の内容も近くて紛らわしいものが多い印象です。また会話の展開も、公式のようにシンプルではありません。

私は公式問題集だとリスニングで9割ほどの正解率なのですが、この模試だと8割前半です。

高い難易度はスコア換算に考慮されている

とは言え、この本の「予想スコア換算表」には、その難しめの難易度が考慮されているようです。ですからスコアの想定をする上では特に問題ありません。

リーディングの難易度は公式とほぼ同じ

リスニングの問題は、公式と比べて若干クセがあると感じたのですが、リーディングは公式とよく似たオーソドックスな問題である印象を受けました。

私の正解率も、公式を解いた時とほぼ同様です。もしかすると公式よりも数分早く解き終わったので、若干易しいかもしれません。

文章のストーリーもTOEICでよく見かける、ありがちな展開であり、良い意味でクセがありません。

まとめ

ということで、今回は「スコアが上がるTOEIC L&Rテスト本番模試600問」を実際に解いて、難易度や感想をレビューしてみました。

まとめると以下のようになります。

スコアが上がるTOEIC L&Rテスト本番模試600問の感想
  • リスニングのPart3・4が公式問題集より難しい。
  • リーディングは公式問題集と同レベル。
  • 予想スコアは正しく算出される。
  • 模試3回分だけではなく、付録が充実している。

総合的には、おすすめできる模試本だと言えます。この記事が参考になったらうれしいです。