「楽しい」を最優先!英語は好きな勉強法だけで上達する

ストイックな勉強法はやらなくていい 学習のコツ

こんにちは!英語の勉強が趣味のEIGOBOYです。今回は、自分がこれまでにやってきた勉強法と、その成果について書きたいと思います。

皆さんの中には、「どうすれば英語が上達するのかわからない」とか「TOEICの勉強に何をすべきか迷う」という人も多いかと思います。

TOEIC900点台を取った経験から言わせてもらうと「好きなやり方だけでも伸びます!」

というわけで、私の体験談と考えを書きますので、ぜひ読んで参考にしてもらえればと思います。

英語の勉強法は一つではない

私は2017年にTOEIC910点を取ることができましたが、明確な結果が出るまでは、ずっと自分のやり方に自信を持てず、いろいろな勉強法を試していました。

好きな勉強法を選ぼう

世の中にはいろいろな英語の勉強法があふれています。様々なブログで「音読・暗唱」「瞬間英作文」「精読」「多読」などのトレーニングが英語力をつける方法として紹介されています。

英語初心者の頃の私は「え?これ全部やらないとダメなの」と悩みました。

瞬間英作文に挑戦したが…

そしてあまり気乗りはしませんでしたが、英語ができるようになりたかったので、英会話に効果があり、英語が口からスラスラ出てくるという「瞬間英作文」という勉強法に取り組んでみました。

ちなみに瞬間英作文のトレーニングは、同じテキストを何周も繰り返す負荷の高いトレーニングです。

やる気が続かない

そのような修行が好きな人もいるのでしょうが、根気のない私には無理でした。苦行のように感じてしまい、2周目3周目と繰り返すことはできずにギブアップしました。

念のために言っておくと、「瞬間英作文」のトレーニングに挑戦した私の経験は、決して無駄にはなっていません。しかし、絶対必要なわけでは無いな、と思うわけです。

やり方には適性がある

実際問題、どの勉強法に取り組むべきかは、各人の好みや性格もによって適性があるのだと思います。もし、継続して取り組めるのならば、ストイック、ハードな勉強をしたほうがいいのは間違いありません。

しかし、私のように飽きっぽく、頑張ることが嫌いで、ハードな練習をすると英語学習が嫌になってしまうという人も多いはずです。でなければ、今ごろ日本国民はもっと英語が得意になっているはずです。

苦手な勉強は避けてもいい

初心者の内は特に「自分の苦手な勉強法」をあえて避けるべきです。その理由は、モチベーションが続かずに習慣付けができない&他のやり方でも英語力は伸ばせるからです。

特に、英語学習の習慣付けができない内に「英語嫌い」になってしまうと、2度と「趣味としての英語学習」の世界に戻ってこない可能性があります。

嫌いな勉強は中級者になってから

私ぐらいの中級レベルになると「たまには嫌いな音読・シャドーイングでもやってみるか」という気分にもなりますし、TOEICのスコアが下がってもそれほどショックを受けませんが、初心者にはそんな余裕はないでしょう。

英語伸び悩みの原因は?TOEICの点数が上がらない・下がる理由

2018.08.04

スマホアプリで点数が上がる

その後、ストイックな勉強法をなるべくしないと決めた私は、スマホアプリをメインにひたすら学習を続けました。

スマホアプリでの勉強は、ベッドでゴロゴロしながらでもできるので、怠け者の私にはピッタリでした。机に座って勉強すると30分もやる気が持ちませんが、アプリなら細切れながらも一日中続けられます

アプリで「英単語・文法・リスニング・読書」

英単語の暗記や英文法の練習問題もアプリで行い、リスニング学習もスマホでYouTube動画を見ながらトレーニング可能、英語学習本や洋書もキンドルのアプリを使えばスマホで読むことができます。

アプリでテキトーに勉強しているだけで、ぐんぐん英語力が上がっていくのを実感しました。

TOEIC900点超え

そして前述したとおり、初めての受験でTOEIC910点を取得できたのです。その間、ほとんど嫌いな勉強法はしていません。あまり得意でない勉強法(音読やシャドーイング、多読)も時々はやりましたが、自分の気が向いた時だけです。

TOEIC900点超えのメリット7つ 人生に良いことだらけ!

2018.03.23

多読は苦手、でも大丈夫!

ちなみに多読に関して、私は今までに洋書を3冊(Holes,Master of the Game,Harry Potter and the Philosopher’s Stone)しか読了したことが無いのですが、それでもTOEICのリーディングセクションで400点以上は取れます。

好きな勉強法で苦手分野を補完する

私は比較的リスニング学習が好きで、英単語をゲームアプリで覚えるのも好きなので、それらの学習効果が不足しているリーディング力を補ってくれるのだと思います。ですから必ずしもキッチリ精読や多読をする必要はありません。

というわけで、皆さんも自分の好きな方法をメインにして勉強を続けるだけで、充分スコアアップに効果があると言えます。苦手な勉強なら無理にしなくても、他の勉強で補完できます。

ゲームでも勉強できる

「ドラクエみたいなゲームをやるだけで英語力がついたらいいのになあ」と常々思っています。

私が子供の時、ドラクエやファイナルファンタジーなどのTVゲームに夢中になりました。一つ買えばクリアまで没頭しました。単純作業である、キャラのレベル上げまで楽しめました。

ゲームなら自然に身に付く

そしてクリアする頃には、ゲームの物語やシステムについて自然に知識が付き、詳しくなっています。ストイックな作業を嫌々やって身についた訳でも、攻略本を何度も読んで身に付いた訳でもありません。

楽しむことが大事

英語学習も、理想的なのはゲームのように楽しみながら、英語力が自然に身に付くことだと思います。私は常に楽しく勉強できる方法を探しています。過度な苦労するくらいなら勉強したくありません。

幸いなことに、ドラクエとまではいかないまでも、今はゲーム性のある英語学習アプリで優れたものもあります。今後も皆さんに紹介していきたいと思っています。

英語の勉強ができる無料ゲームアプリ4選!おすすめはコレだ

2018.03.21
おわりに
というわけで、今日は「ストイックな勉強をしなくても英語は上達するよ」という話をしました。

英語の勉強に悩める子羊の方がいましたら、参考にして自分の好きなやり方で自信を持って継続してもらえればと思います。