【大学入試センター試験 国語】過去問の難易度 参考表

私は30代の社会人ですが、ふと勉強がしたくなったので、力試しに2018年(平成30年)のセンター試験を受験しました。

学習期間はセンター試験前の約5か月間で、受験科目は英語(リスニングを含む)、国語(古文・漢文含む)、地歴公民(現代社会)です。

「センター試験過去問レビュー国語」年度別の得点推移

センター本番までは、河合塾「大学入試センター試験過去問レビュー国語 2018」(通称:黒本)を使い、過去問17年25回分を定期的に解きました。

このページでは、年度別に私の得点を一覧表にして掲載します。

本番の点数予想の参考に

センター国語の受験生は、ご自分の過去問の点数と私の点数を比較してみてください。そうすることで、現時点での実力や、本番点数の推測に役立つと思います。

ちなみに、学習の初めに2001~2006年度の問題もやりましたが、記録しませんでした。6~7割の正解率だったと思います(120点~140点台)

年度 種類 評論 小説 古文 漢文 合計
2007 本試験 42点 37点 43点 36点 158点
2008 本試験 48点 46点 30点 50点 174点
2009 追試験 38点 43点 28点 37点 146点
2009 本試験 38点 34点 36点 50点 158点
2010 本試験 42点 43点 38点 38点 161点
2011 追試験 32点 50点 38点 46点 166点
2011 本試験 48点 50点 34点 34点 166点
2012 追試験 42点 22点 42点 36点 142点
2012 本試験 40点 50点 24点 41点 155点
2013 追試験 34点 39点 20点 28点 121点
2013 本試験 46点 50点 34点 40点 170点
2014 追試験 38点 47点 25点 39点 149点
2014 本試験 30点 42点 24点 38点 134点
2015 追試験 38点 42点 45点 44点 169点
2015 本試験 46点 42点 50点 35点 173点
2016 追試験 36点 34点 37点 39点 146点
2016 本試験 40点 42点 50点 44点 176点
2017 本試験 42点 38点 43点 50点 173点

2018年度センター国語 本番の点数

平成30年度大学入試センター試験成績通知書

4月にセンターから届いた成績通知書

ちなみに、私の本番の結果(国語)は、評論40点 小説39点 古文40点 漢文44点 合計163点で、何とか8割(80%)越えでした。

結論としては、問題の難易度にも左右されますが、大体過去問と同じぐらいのスコアレンジに収まると言えるでしょう。

センター試験の関連記事

センター国語の受験体験談を他にも書きましたので、参考にどうぞ。

私の受験体験記&過去問の解き方のコツ

センター国語 8割(80%)取った勉強法と過去問のコツ 

2018.04.04

私が使用した教材やアプリの紹介

【センター国語】参考書・問題集・アプリ・YouTube動画

2018.04.05